■皮膚科でのピーリング治療3(乳酸)


皮膚科でピーリングを受ける場合、乳酸によるピーリングという施術もあります。 エンビロン酸という言葉でも聞いたことがあるかもしれませんが、 これはエンビロン社が乳酸によるピーリングの薬剤を開発したところから この名称で呼ばれていることもあるということを覚えておきましょう。

とはいえ、乳酸によるピーリングという概念自体は決して新しいものではありません。 古くはあのクレオパトラが使用していた、という記録もあるほど、 乳酸によるピーリングという概念は歴史があるものなのです。 では、乳酸によるピーリングにはどのような効果があるのでしょうか。

実はエンビロン社は南アフリカの会社。かねてから紫外線対策などに力を 入れて商品を開発してきました。そのエンビロン社が1980年代に開発したのが この乳酸(ラクト)ピーリングなのです。天然の乳酸を成分としているので、 マイルドな使い心地が特徴です。他の酸と比べると皮膚への刺激が少ないのが特徴です。

また、保湿や美肌の効果も高いので、ピーリングの効果だけでなく、肌を 美しくするための総合的な効果を期待することができます。他の酸を使った ピーリングでは、どうしても日本人の肌には刺激が強く、ピリピリとした感覚や、 施術後に肌が赤らむなどの状態に悩む人も多かったと思います。

その点乳酸によるピーリングでは刺激が少ないということが特徴なので、 穏やかな効果を感じる人が多い、という特徴があります。なんといっても、 乳酸自体、人体の中でも生成されている物質である、ということが肌への なじみのよさの秘密なのかもしれません。

また、クレオパトラの時代には、乳酸のお風呂に入った、という記録も残って いるほどです。お風呂として利用できるほど効果が穏やかであり、 マイルドであった、ということの証明かもしれませんね。

スポンサードリンク


■本サイト人気コンテンツ


★ ケミカルピーリングとは
ピーリングにはどのような種類があるのでしょうか。大きく分けるとピーリングの種類は二つ。薬剤を利用するタイプのケミカルピーリングと、物理的な方法を用いるタイプのピーリング・・・ 続きを読む

★ 効果のある化粧品について
効果のある化粧品にはどのようなものがあるでしょうか。ピーリングに関連する化粧品で自宅で簡単に使うこともできるものといえばグリコール酸を使ったケミカルピーリング化粧品・・・ 続きを読む

★ 皮膚科で行うレーザーピーリング
レーザーピーリングでは、ケミカルピーリングとは違い薬剤を使うのではなくレーザーを照射するという方法を使って施術を行っていきます。方法としては黒い色素に反応するレーザー・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 実際の効果はどの程度?
★ イオン導入で効果倍増
★ 効果のある石鹸
★ 皮膚科でのサリチル酸治療
★ 皮膚科でのグリコール酸治療